坊やの優しさを少しだけ持てる中

とある午前、やにわにアキレス腱の上に激痛が走りました。あまりのことに考えも出ず、精一杯起き上がり至高上のこどもを起こしました。
あるくだけで激痛で歩幅をいつもの半としてソファーに座り、そこから動けなくなってしまいました。
こどもの朝めしも作らなければと思っても動けない。
「ごめんなさい足が痛すぎて動けないから、自分で焼ける?」すると思いのほかすぐに「すばらしいよー」って自分で取り付けを始めた長女。
取り付けといっても食パンにマーガリンを塗って焼くだけの簡単な方法。でもふれこみも言わず、直ぐやってくれたことにいくぶん感動してしまいました。
サッとごはんを済ませ、セキュリティ見送った後は下の子供たちの番だ。
さすがにあたしが準備しなければいけないとしていたら、子供たちが起きてきて最良後半はいったい「飯〜」とぐずりだしてしまい痛さを我慢しながら動くことにしました。
そうなると中葉の乳幼児は「自分でするよー」と朝食の取り付けを自分でやりだしました。
あたしは「ごめんねー」と言いながら思い切り驚嘆。成長したなぁと遅まきながら。
早めに登園の準備をしてのほほんと走り抜けながら停留所にかけていると最良後半が「万全?」と戦略をつないでくれました。
こんなにもつまらないのにやさしく育ってくれてるんだなぁという日々の叱りすぎる身を再び自省やる午前にもなりました。キャッシング 即日融資