私の愛するプロ野球とJリーグ。ファイターズ、コンサドーレ、マリノスと共に

私が今熱中している事それは好きなプロ野球球団、Jリーグのクラブを応援する事。まずはプロ野球からですが、祖父や母が野球が好きで小さな時から夜はテレビで野球を見ている事が多く出身が北海道なためセ・リーグのジャイアンツ戦を放送していることが多かった。その後2006年北海道日本ハムファイターズという球団に出会い、当時新庄選手や小笠原選手、ダルビッシュ選手など魅力溢れる選手達が多く「この球団面白い」と思いまたリーグ優勝、日本一を果たし翌年から本格的に応援し始めました。今では年間数試合ドームに観戦に行くなどしています。元々好きだった金子誠さんは2014年に引退されてしまいましたが現在は一軍コーチとして活躍されています。現在のチームは若手中心のチームに生まれ変わり大谷選手、中田選手、西川選手など魅力溢れる選手が活躍しており目が離せません。Jリーグでは地元の北海道コンサドーレ札幌(J2)、横浜F・マリノス(J2)を応援しています。コンサドーレは北海道民をさす「道産子」という言葉を逆さ読みしラテンの「オーレ」をつけた何とも面白い名前になっています。J1に上がったも1年でJ2ni落ちてしまう「エレベータークラブ」とも言われたりすることも。しかしそんなクラブも現在リーグの首位を走り今年こそはJ1昇格か?とサポーター仲間と話すのが楽しみの1つでもあります。またマリノスは2011年代表戦で栗原勇蔵選手を知りそこから彼の所属するマリノスにたどり着き現在も応援しているクラブの1つです。中村俊輔選手、中澤佑二選手の大ベテランをはじめとする個性豊かな選手が揃ったクラブです。彼らの本拠地である日産スタジアムは最大7万人収容の大型スタジアム。ぜひ超満員のスタジアムで試合観戦してみたいですね。週末になると勝敗が気になり勝つと喜び、負けると悔しがるそれも醍醐味の1つだと思っています。「待っているのは最高の週末だ!」キレイモ 料金

坊やの優しさを少しだけ持てる中

とある午前、やにわにアキレス腱の上に激痛が走りました。あまりのことに考えも出ず、精一杯起き上がり至高上のこどもを起こしました。
あるくだけで激痛で歩幅をいつもの半としてソファーに座り、そこから動けなくなってしまいました。
こどもの朝めしも作らなければと思っても動けない。
「ごめんなさい足が痛すぎて動けないから、自分で焼ける?」すると思いのほかすぐに「すばらしいよー」って自分で取り付けを始めた長女。
取り付けといっても食パンにマーガリンを塗って焼くだけの簡単な方法。でもふれこみも言わず、直ぐやってくれたことにいくぶん感動してしまいました。
サッとごはんを済ませ、セキュリティ見送った後は下の子供たちの番だ。
さすがにあたしが準備しなければいけないとしていたら、子供たちが起きてきて最良後半はいったい「飯〜」とぐずりだしてしまい痛さを我慢しながら動くことにしました。
そうなると中葉の乳幼児は「自分でするよー」と朝食の取り付けを自分でやりだしました。
あたしは「ごめんねー」と言いながら思い切り驚嘆。成長したなぁと遅まきながら。
早めに登園の準備をしてのほほんと走り抜けながら停留所にかけていると最良後半が「万全?」と戦略をつないでくれました。
こんなにもつまらないのにやさしく育ってくれてるんだなぁという日々の叱りすぎる身を再び自省やる午前にもなりました。キャッシング 即日融資