初優勝を勝ち取ったのは、貴景勝関でした。

今年最後の大相撲九州場所が終了しました。14日目、1敗を守っていた貴景勝関が2敗の高安関と直接対戦し高安関が見事勝利。大関の意地を見せてくれました。優勝争いは千秋楽にもつれ込むという面白い展開になりました。先に登場したのは貴景勝関。錦木関を破って高安関の結果待ちとなりました。高安関が勝てば優勝決定戦が行われるため、場内の盛り上がりがテレビから伝わってきました。
高安関は御嶽海関と対戦し、長い相撲の末敗戦。この時点で貴景勝関の優勝が決まりました。どちらが勝っても初優勝という状況で、高安関は大関という地位ですがこれまで優勝経験がなかったため応援していました。けれど、貴景勝関も元師匠の貴乃花親方の引退や部屋の移籍等で頑張って欲しいという気持ちがあったのでどちらも応援していました。最後の最後に粘りを見せたのは貴景勝関でしたが、優勝争いを千秋楽まで引っ張って盛り上げたのも高安関でしたので見ごたえのある九州場所でした。脱毛ラボ 脱毛部位