映画「DESTINY 鎌倉ものがたり」をDVDで見て

堺雅人さんが大好きでぜひとも見たかった作品ですが、映画館に見に行く機会が無かったため、やっと手にしたDVDで鑑賞することができました。
作家である正和の元に嫁いだ、若き妻の亜紀子。夫婦の絆を描いた物語です。魔物や幽霊、妖怪などがごちゃ混ぜに存在する世界が本当に美しく、実写映画でここまでできるのかと驚きました。ジブリアニメのようですね。私はずいぶん前に見た「千と千尋の神隠し」を思い出しました。摩訶不思議な出来事に戸惑う亜紀子に対して、「ここは鎌倉だから」と一言で説明しきってしまう正和が笑えます。なんだか無性に鎌倉へ旅行したくなりますね。
お互いに優しさで支え合って暮らす年の差夫婦に胸打たれ、亜紀子が置手紙を残して黄泉の国に行ってしまうシーンではボロボロ泣きました。今、手にしている幸せをもっともっと大切にしないといけないな、という気持ちになります。脇を固める俳優陣も皆さん素晴らしい演技力の方ばかりで、個人的には死神役の安藤サクラさんが印象的でした。全身脱毛 おすすめ