JR九州だけに責任を押し付けていてはダメだと思いますね

国鉄はとんでもない額の負債を抱えてどうにも首が回らなくなり、結果的にJRへ分割民営化されました。

それまでの国が運営する体質ではお金をばら撒いてしまうので、そうならないように地域密着でしっかり経営しようということだと思います。

そうなればもちろん経営の合理化は避けて通れない道です。合理化すると以前より金遣いが悪くなったり不便になるというふうに映るかもしれません。しかし現在のJRは民間企業ですから公共交通としての使命も背負いつつ、健全な営業をしなくてはいけない訳です。

その中でどうにも採算が取れない路線が廃止になったり電車の本数が削減されたりといった事も発生します。もちろん不便になってしまうのは言うまでもありませんがこれもある程度は仕方ないでしょう。

利用者が増えているのであれば問題ですが車の利用が増えたり少子高齢化の影響で鉄道利用者が減ってしまえばある程度コストカットに動くのは企業として当然のことです。

現在JR九州は次のダイヤ改正で無人駅を増やす事を発表していて、その事が障害者差別だと言われているそうです。しかし本当にそうなのかなと疑問に思います。

今までの国営でお金を垂れ流す時代と違うのですから誰かが設備にお金を出さなくてはなりませんし、社員にお金を払わなくてはなりません。民間会社のJRも赤字になる訳には行きませんからきれい事ばっかり言って維持させようとするのは酷な話だと思います。

それよりJRだけに頼らない手段でなんとかしようと考えるしかないのではないでしょうか。http://www.oriental-world.net/